大津市堅田で整体なら「ポキポキ堂®」へ

膝の痛み

この膝の痛み
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

膝の痛み

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 階段を昇り降りすときに膝(ひざ)が痛む
  • 膝(ひざ)に水が溜まっている または定期的に抜きに行く
  • 病院で変形性関節症と言われた
  • ひざが痛くて歩いたり、外出ができない
  • 病院でリハビリしているが、なかなかよくならない
  • テーピングやサポーターでごまかしている
  • 痛くて正座ができない
  • 膝(ひざ)の外側のくぼみが痛む
  • 膝(ひざ)が痛くて、登山ができない
  • 歩くとボキボキ音が鳴る

やじるし

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

滋賀で唯一!医療のスペシャリストや 有名アスリートが 当院を絶賛しています

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!/

 

「話を親身に聞いてくれる」

初めて来院したのは膝の痛みが出た時で、他の院にも言っていたのですが、痛みが取れなかったのに少し触っただけで痛みが取れた。(ゲレンデあった時に少し触ってもらったとき)
・知識がない人にも分かりやすく教えてくれるし、どうしたら痛くなって、どうしたら痛みがなくなるのか?など、親身に話を聞いてくれる。
・他院は電気を流して終わりなどが多いがポキポキ堂®さんはそれから再び痛くならないように動きのトレーニングなどがある。

(近藤丈博(三重県))

※効果には個人差があります

「しっかりと治してくれるから」

はじめは足裏の炎症が痛くて、靴のインソールを作ってもらおうと思ってきました。インソールを作ってもらい履いた所、足の形が良い方向に治っていき、炎症による腫れもひき、痛みもなくなりました。また、スケート靴のインソールもしてもらう事ができ、痛みを感じることなく練習できるようになったのでとても助かりました。

(小林瑠奈)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも膝の痛みが
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

膝の痛み

膝(ひざ)の痛みは大きく分けて2つ

急性

  • 運動やスポーツをしていて、転倒や接触によって外傷を受けた場合。
  • 交通事故などで外力を受けて損傷した場合。
  • 上記のように原因がはっきりしているもの。

 

亜急性(慢性)

  • 生活や運動のクセが原因となったもの
  • 不良姿勢(猫背、ストレートネック、反り腰など)が原因となったもの
  • 骨盤や背骨、その周囲の筋肉、関節などに由来するもの

などなど。

まずは、膝(ひざ)をつくっている骨を見ていきます。見ていくことで、なぜ他で良くならないのかの理由が見えてきます。

 

膝(ひざ)をつくっている骨

  1. 大腿骨(太ももの骨)
  2. 脛骨(ふくらはぎ内側の骨)
  3. 腓骨(ふくらはぎ外側の骨)
  4. 膝蓋骨(膝のお皿)

これら4つの骨でつくられています。この骨と関係する関節が連動して動くのが、膝(ひざ)の関節です。多くの病院・整体院・整骨院(接骨院)では膝(ひざ)ばかりを見ますが、上記の4つの骨が関係する関節が連動して動かなければならないのに、膝だけを見てしまうためにいつまでも痛みが改善しないのです。膝(ひざ)は上記の1つでも何らかの問題が起これば、状態は悪化し、トラブルの原因となるのです。

さらに、その中でも特に関係するのが骨盤と股関節の正常な動作になりますが、このことに気がついて施術に取り組むところはあまりないのが現状です。

 

 

症状についての説明 

膝の痛み

1.半月板損傷

半月板とは
膝のクッション構造の一部を担う組織の一つです。
大腿骨(ふとももの骨)と、 脛骨(すねの骨)の間に存在し、Cの字型とOの字型をしたパッキンのような働きをする軟骨で出来たもので、外側と内側に1枚ずつあります。2枚の半月板は形がやや異なり、内側がやや大きく、外側のものはやや小さいです。半月板の構造は70%以上が水分で構成されていて、残りはほぼコラーゲンというタンパク質でできています。

半月板は周りの30%を除いて血流があまり多くないため、内側の半月板を損傷してしまうと自然に再生することが難しい組織だと言われています。しかし、最近の研究では専門病院のリハビリでよく動かしていくことで再生が見られたという症例もあり、良く動かしていくことで経過がよくなっていくと考えられています。ちなみに屈伸運動によって内側半月板では6mmほど、外側半月板は12mmほど、前後に移動します。

半月板の機能
水道の栓のパッキンのように関節の適合性を高める働き。
一部において、歩行や運動時の衝撃緩衝効果。
脛骨の面は平らで大腿骨の面が丸いので、半月板には脛骨と大腿骨の隙間を埋めるような役割も担っています。

半月板の役割
半月板は膝関節におけるクッションとして存在し、大腿骨と脛骨の間に加わる体重の負荷を分散(膝関節への全荷重中50~70%が半月板を介して伝達)させ、関節の自然な動き(屈伸動作)を一定の幅を持って安定させてくれています。半月板の水分が失われると、関節軟骨への荷重比率が大きくなって、関節軟骨が削れたり、膝や股関節の変形を作る原因を作ります。

・手術で半月板を除去して、半月板がない・半月板損傷しているとどうなる?
膝関節における負荷の分散効率が低下します。
手術によって半月板を取り除くと大腿骨と脛骨の間での接触面積が1/3~1/2に減少し、膝関節での圧力が約3倍にまで増えて、膝関節にかかるストレスが強くなってしまうので、よりていねいな施術が必要になります。

・膝のクッションは衝撃吸収ってどのくらいしてくれるの?
手術によって半月板を取り除くと、衝撃吸収能力は約20%減少し、膝軟骨での衝撃を緩和する役割が増え、軟骨の摩擦や負担が大きくなります。

・なぜ半月板が損傷するのでしょうか?
歩行や高いところから着地したときの地面から伝わる衝撃は、

下から順に足のアーチ(土踏まず)→足首→膝(ひざ)→股関節→骨盤→背骨全体

というように全体で力を分散し、1つの関節にかかる圧力を散らしています。

しかし、スポーツの特性や過去のケガなどによって、動作環境の連動性に不具合が生じると、力が一点に集中してしまうことがあります。骨盤と股関節の動きと足首の動きに連動した正常な動作が失われた状態になってしまうと、繰り返し刺激あるいは強い衝撃によって膝(ひざ)へ集中的に力がかかってしまい、本来の対応能力の限界を超えた膝関節内での摩耗・摩擦性を増やすことになてしまいます。結果的に、この摩擦・磨耗の度合いが一定の耐久力の限界を超えた時、壊れてしまう可能性が高くなるのが、この半月板ということになります。

※内側(外側)側副靭帯損傷→上記の力の度合いを超えた横方向への力が加わると、同時に側副靭帯という靭帯まで合わせて損傷あるいは断裂してしまうこともあり、臨床的にはセットで現れやすい合併症として散見されます。
さらに、交通事故やスポーツ競技でのコンタクトによって、その度合いを超え、かつ回旋方向へストレスが臨床症状として、前十字靭帯の損傷あるいは断裂を伴う、『不幸の三徴候(unhappy Triad)』という複合損傷も存在します。

 

2.変形性膝関節症

この疾患の症状は、歩く・立つ・階段を登るといった普段の動作で痛みを起こす症状です。

病院でレントゲン撮影をしたときに、膝関節を構成する骨である大腿骨(太ももの骨)と脛骨(ふむこうずねの骨)と合わさっている側の接触面において、衝撃や過度な力を分散・減衰(吸収)出来ずに、摩擦が増えて、それによって生まれた熱を放散できずに蓄積していったものが、結果として変形と呼ばれる状態に繋がっていってしまいます。
例えば、道路工事の敷きたての熱したアスファルトの上を歩いたり、通ったりするとまだ熱が残っていて路面が足型やタイヤの形に変形して跡が残ってしまうようなあの状況が、この変形の症状に近いものと言えます。

 

3.オスグットシュラッター病

膝のお皿の少し下にある出っ張り部分の『脛骨粗面』と呼ばれる部分の痛みです。
まれに赤く腫れることもありますが、痛いと気がついたときには左右を比べると、この部分が少し出っ張って触れることができます。膝を曲げて踏ん張ったり、力を入れるような動作で痛みが出ますが、少し休むと痛みがおさまるので、また運動を続けてしまう人が多いようです。
発症しやすい年齢はスポーツをハードし始める学生やジャンプをする競技やよく走る競技に多く見られ、男児に多いと考えられていますが、運動強度が強い場合においては女児にも起こり得ます。

 

4.膝関節水腫(ひざに水が溜まる)

この症状は以下のいくつかの状況において可能性があります。

  • 変形膝関節症
  • リウマチによる関節症
  • 偽通風
  • 通風
  • ヒザへの直接的なダメージ(ぶつけた)
  • スキー、スノーボードなどで転倒した
  • 関節ねずみ(遊離体)
  • 半月板・靭帯損傷

このような状態になっている場合、どの場合においても起こり得ます。

・どんな状態なの?
膝(ひざ)と関節には、関節を包むような膜があり、そのことを関節包と呼びます。中は『滑液』という関節液(潤滑油)で満たされていて、一定の『滑液』がリンパ液としてリンパ管の中へ吸収、排泄されます。また、関節液と関節包は、主に油圧式ダンパーの役割を担っています。(※ダンパーとは、車が道路の段差を通り過ぎても弾まないように衝撃を緩和している構造にも使われているいわばクッションやバネの働きのことです。)

この関節包の中にある関節液が通常より多くなってしまうと水が溜まった状態といわれます。なぜ水が溜まるかというと、いくつかの原因が考えられます。

何らかのダメージやストレスによって、関節内で炎症が起こった場合、関節液が多く分泌されてしまう。

そのダメージで損傷した組織が関節内で排泄されるときに目詰まりを起こし、リンパ管が一時的に目詰まりを起こす。

関節内圧が一定でなくなる。つまり、関節内の『水』に当たる滑液が過剰に生成されるか、上手く排泄されなくなることで水が溜まると考えられます。

 

5.膝関節内血腫(強く膝をぶつけてひざが腫れた)

上記の水が溜まる現象に似ていますが、この場合、膝(ひざ)を強くぶつけた場合に起こるもので、血液の分子の大きさがリンパ液よりも大きく、また血管の外に出て、溜まってしまった現象であるため、血管の外に出た血液は固まる性質を持っているために流れが滞ると、固まりやすく、強く膝(ひざ)をぶつけて水が溜まったようになった場合には、早くこの血液を処理する必要があるため、素早い処置が必要となります。また、この場合の受診する第一選択は整形外科です。

 

6.O脚・X脚

脚を前から見て、膝(ひざ)と膝が離れて見える状態をO脚、脚を正面から見た時にアルファベットのエックスに見えるように膝と膝がくっついて見え、ふくらはぎとふくらはぎの間が過度に開いた状態をX脚と呼んでいます。病名ではありません。その人にとっての過度な運動をしなければ痛みが出るわけではありませんが、脚の露出が多い時期には見た目で目立つため、ミニスカートやホットパンツなど、ファッション的に見え方を気にされる方が多いです。

 

7.鵞足炎(膝の内側部分の痛み)ガソクエン

膝の内側・やや裏側の部分に起こる炎症による痛みを『鵞足炎』と呼びます。

荷重側にしている腰への負担が大きくなり、さらに、そちら側の脚に絶えず強い力がかかったときに起こりがちです。荷重バランスの崩れから起こることが考えられます。

 

8.ジャンパー膝(ジャンパーズニー)

ジャンプやランニングは、着地時の膝(ひざ)への負担が大きくなり、通常の歩行と比べると、2倍を超える衝撃になります。そのことによって大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前の筋肉が強い収縮を起こして、その筋肉の付いている脛骨粗面という部分と膝のお皿の間あたりに痛みが起こる症状です。

 

9.腸脛靭帯炎(ランナー膝)

膝の上側の、太もも外側の痛み。
原因は重心バランスが崩れている人が膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨の外側のでっぱり部分(外顆)にこすれたりして炎症を起こし、痛みが起きます。
特に最近のランニングブームによって、マラソンなどの長距離ランナーに好発しています。

 

 

原因

膝の痛み

膝(ひざ)の痛み
外傷性由来の膝の疾患の原因は大きく分けて2つあります。

1、直接的原因
直接、膝(ひざ)を『ぶつける』『ひねる』など、強い力が一気に加わって起こるもの

2、間接的原因
直接的に膝(ひざ)には強い力が加わっていないが、『足首』『股関節』『骨盤と腰椎』のいずれか・あるいは同時にねじれが加わった場合、膝関節に対して二次的なねじれが蓄積性もしくは一度に集中して力が加わって起こるもの

概ね上記のどれかに当てはまりますが、関節リウマチや感染症など血液成分や免疫機能の異常によるものは二次的原因として膝(ひざ)の疾患の一つの要因となるものもありますが、本質的な理由にはなりません。

ポキポキ堂®では、膝(ひざ)を構成する骨と骨盤を合わせ、歩行に必要な働きを持ち、それらがつながりを持っていることから、『下肢連動ユニット』と呼んでいます。

<下肢連動ユニット>

腰椎ー骨盤ー股関節ー膝関節ー足関節ー足裏の3つのアーチ(内側、外側、横)

これらユニットのどれかにねじれの力や関節の潤滑性が損なわれた場合、歩く・走る・飛ぶなどしたときに、どこかの一点に力が集まってしまう状態を作ります。このことを『力学的応力集中』と呼びます。下肢連動ユニットのいずれかの組み合わせによって力学的応力集中が膝に起こったものが、損傷の場所や壊れ方を変え、各症状へと移行します。

その際、問題となるのが、予期された本来の関節の動きではない動きを受けた際に、強い力が加わり組織を壊すものもあれば、関節内にて摩擦抵抗が強まり、その強い摩擦が炎症を引き起こし、その炎症によって生まれた熱が関節軟骨や関節液に対して悪さを起こしてしまうために、なかなか改善しない症状へと変化(慢性化)していくことがあります。こうなってしまうと、筋肉をほぐす(マッサージ)・温める(ホットパックや超音波などの温熱療法)・動かさないで安静したとしても、根本的な下肢連動ユニットに発生しているねじれが解消されない限り、その症状は使えば使うほどに悪化の一途を辿ってしまいます。

 

 

当院での改善法

024

当院では、膝(ひざ)の痛みの改善として、膝の施術を行うことはもちろん、膝を構成する骨の関係組織や関節に問題があれば、一つ一つ整復し、特に股関節と合わせて骨盤の動作を改善していくように整復という手技による施術と、治療器具による股関節や背骨の施術をおこないます。
また関係する関節すべてを含めて、正常な膝の動作ができるときは正しく歩けていて、かつ、長く歩くだけの耐久性と構造を持った状態と言えるので、その状態へ近づけて行くための運動療法をおこないます。

 

人によって違う症状にはどう対応する?

それぞれの症状によって、発生してしまった原因を明らかにし、原因を掘り下げ、悪くなってしまった要因を一つ一つ取り除くことをします。合わせて、必要な場合やご希望の場合は、運動療法として関節や関係組織の回復を図るためのリハビリも行います。

その運動療法がポキポキ堂®で提唱している『骨トレ』『骨盤トレーニング』という方法で正常な膝(ひざ)の動作改善を目指して、正しく膝関節が荷重できるようにアプローチしていきます。

※最新の情報によると、膝の軟骨や、股関節の軟骨・半月板は、正しく荷重をかけて行くことで再生可能だということが、整形外科の領域において、臨床例や論文で散見されるようになって来ているとのことです。

 

 

当院取扱いの治療機器は、有名スポーツ選手・ 競技団体で利用されています

 

 

お試しキャンペーン

 

7月20日までに
\ご予約の方に限り/

バランス整体コース

1回 2,980円
(通常 1回 5,400円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
⇒あと4名

 

tel:077572019324時間受付・予約フォーム完全予約制/堅田駅近く MAP

 

 

当院の技術は
整体・整骨院業界から
推薦頂いております

 

「アスリートを救いたい。信念のある先生です。」

total body care Sorriso あまほり
代表
天堀恵太

はじめまして、大阪で整体院を経営しております天堀と申します。
田中先生はとにかく目立ちます。100人以上集まる治療家の集まりの中でも際立っています。
その理由は発言や行動に信念があるからです。
アスリートがこうすればパフォーマンスが上がり怪我が予防できるのに、知識を知らない、実際に治療できない人が多いことを本気で変えようとしています。
実際、田中先生はプロの治療家が誰も気づかないような細かな変化を見抜く力がズバ抜けています。
だから一人一人に合った的確な治療・アドバイスができるのでしょう。
プロのアスリートやオリンピック選手が田中先生に診て欲しいと言って来院されるのも納得がいきます。
もしあなたが自分の体に本気で向き合っていこうと思っているのなら是非一度お会いしてみてはいかがでしょうか?

「一目見たらまず忘れない印象の先生」

天海鍼灸整骨院
院長
鄭篤史

神戸市で鍼灸整骨院を経営しております鄭篤史と申します。私が田中先生と知り合ったのは、ある治療院における技術セミナーでした。その時の私はまだ経営や技術が安定せずに不安を感じながら右往左往している時でした。
その時に初めて先生とご一緒させて頂いたのですが、第一印象は皆さんと同じで、一目見たらまず忘れない印象の先生はとても真剣な表情でセミナー内容を聞き、質問をし、行動されていました。その時の休憩中に私に優しく声をかけて下さったのですが、ニコニコと優しく人懐っこい笑顔で接して下さったのを今でもはっきりと覚えています。
お話しさせて頂くうちに、なるほどと感心させられる事ばかりでした。なので自然と人の輪が出来ていくのだろうなと思い、初対面の患者さんの不安を優しく包み込めるであろう人柄に益々魅了されていきました。施術の面でも私の靴や足の問題を瞬時に見抜き、指摘をして頂き、私自身が施術家として重要視せねばならない点に気付きを与えて頂き本当に感謝しています。田中先生は既に高度な技術を習得されているので、先生の話している内容に途端に引き込まれ、それまでの私の考え方のさらに上をいく内容で、目から鱗が落ちるようでした。その後も会う度温かく接して頂き、技術的にも人間的にも全てに参考にさせて頂きたい素晴らしい先生です。私ももっともっと色々な事を吸収させて頂きたいと考えておりますので、皆様に是非おすすめしたい先生だと考えます。もしあなたが何かお身体に悩みがあるならば一度田中先生に相談してみてはいかがでしょうか?悩むだけ、考えるだけでは何も始まりません。勇気を出して一歩踏み出し、田中先生に相談してみてはいかがでしょうか?先生は必ずあなたの悩みを100万ドルの笑顔と共に全力で受け止めてくれます!
あなたの求めている本物の治療が田中先生の院にはあります。

天海鍼灸整骨院 院長 鄭篤史

「患者さんファーストが当たり前にできる先生」

美骨整復 くるみの実
代表
谷崎政一郎

治療家だったら患者さんのために!というように考えることは当たり前のことのように思うでしょう。

しかし、先生も患者さんと同じです。

それぞれ生活もありますから、常に患者さんの事ばかりを考えているわけではありません。しかし、田中先生は常に患者さんに対して自分に出来ることはこれで良いのか?と自問自答が当たり前に出来る先生です。

田中先生は中途半端が大嫌いな先生です。これと決めたらトコトン突き詰めるタイプで、私自身も同じタイプなので、初めて会った時からその点で意気投合したのを今でも覚えています。

田中先生はこれまでの施術経験があるのにも関わらず、更に新しい知識や技術を得ようと私の主宰するセミナーに参加し、さらに患者さんの深い悩みを解決すべく施術に活かされています。それは、常に患者さん目線だからこそ、わかりやすく『結果を出すこと』に重きを置いているからこそです。

もしあなたが、からだのことで本気で悩んでいるようでしたら、田中先生に相談されてみてください。きっとあなたの悩みを受け止めて解決へと導いてくれるはずです。

千葉県 美骨整復くるみの実 代表 /治療家向け技術セミナーGTA 代表 谷崎政一郎

 

 

他院とはどこが違う?
やじるしポ キ ポ キ 堂 ® の
\ のメリット /

 

1. 初回約30分のカウンセリング・検査で徹底的に原因を特定

検査

根本改善するためには、痛みの本当の原因を特定する事が不可欠です。時間をかけてしっかり検査して原因を追究します。

 

 

2. 安心・納得の丁寧な説明。お客様との対話を重視しています

カウンセリング

安心してリラックスした状態で施術を受けて頂くことが改善への近道。だから当院ではお客様との会話を大事にしております。何でもご相談下さい。

 

 

3. 歴15年のベテラン院長がオーダーメイドで施術

ベテランの院長

これまで15年間で6万人を感動させた院長自らが、豊富な経験と高い技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

 

 

4. 再発予防もバッチリ!充実のアフターフォロー

052

更なる施術効果のアップ&再発予防のため、生活指導や食事・栄養、セルフケア指導に力を入れております。身体のプロが徹底的にアドバイス!

 

 

5. 朝9時から夜22時まで営業だから通いやすい!

PHO_5807

当院ではお仕事帰りでも通いやすいよう夜22時まで営業しております。また、完全予約制となっておりますので、お待たせする事もございません。

 

 

6. 完全個室だからお子様連れもOK!

3ea5e62998d0897d5e9aa2a9347970da_m-e1520900516572

当院は静かな完全個室となっております。他のお客様もいらっしゃいませんので、お子様が騒いでも大丈夫です。お気兼ねなくお越しください。

 

 

7. 整体効果UP、競技パフォーマンスUPのオーダーインソール作成も

インソール

靴のフィッティング+カスタムインソールの作成で、足のトラブルに起因する身体の痛みやパフォーマンスの向上を科学的根拠に基づいて改善するお手伝いをしています。

 

 

8.技術が評判!院長は全国の治療家を技術指導しています

IMG_0390

当院院長はこれまで多くの技術セミナーを開催し、全国の治療家に技術を指導してきました。業界でも症状改善の技術が評判です。

 

 

9.県外からも多く来院される、全国でも評判の治療院です

001

当院は、岐阜、愛知、大阪、長野、京都などの他府県からも、多くお客様が来院されています。

 

 

 まだまだあります!
\お客様の喜びの声

 

「常に最新の治療を受けることが出来る」

靭帯損傷で医師にスノーボードのシーズンアウトを宣告されたが、あきらめきれず、まだ滑りかったのでポキポキ堂®へMRI画像を持っていき、治療と家でできるリハビリを教えてもらい、一週間ほどで足を軽く引きずりながら歩いていた状態から問題なく歩行ができ、階段も登れるようになった。
院長がスノーボーダーなので『スノーボードがしたい!!』という気持ちを分かってもらえるし、万全の状態でスノーボードを楽しみたいので定期的に施術やトレーニングを受けています。

(徳能樹也(大阪府))

※効果には個人差があります

「娘の紹介」

足腰の痛みから解放されたい。
自分の足で少しでも長い間歩くために来院した。
技術的なことは問題なし!!

(上田豊(京都府))

※効果には個人差があります

「その場でスッと痛みを解消してくれる」

他院では5回10回と通ってようやく改善されていく痛みをその場でスッと解消してくれる。
その後のケアやクセを取るトレーニングは必要だが、どうすれば痛みのない状態をキープできるかをしっかりアドバイスしてくれる。
ビーチラグビーをしているが、競技で怪我のリスクのあるカラダ悪いクセを取って、動きのポテンシャルを上げてくれる。
また、ケガをした時も確実に治してくれるという信頼がある。

(中河豪(三重県))

※効果には個人差があります

「しゃべりがおもしろいし、必ず治るので」

寒くなると必ずふくらはぎがつり、尚且つ、足が偏平足でしたが、自分に合うインソールを作ってもらい、
ダメなところを的確な治療と『なぜこうなったのか』と治療中にタメになるお話しをしてくれはります。
インソールと治療のおかげで、今現在は全く足がつらなくなり、足のサイズがインソールの効果で1センチほどサイズが変わりました。
あと私はスノボ歴が4年で、先生がスノーボードが上手でおもしろいので先生と一緒にスノーボードするのも楽しみにしています。

(橋本康則(京都府))

※効果には個人差があります

「いつまでも元気でいたいので信頼できるところで改善したい」

五十肩で週に一回注射、貼り薬を出してもらい、2・3日に1回電気治療、マッサージで整形外科通っていました。
8か月も通い続けたが良くならず、貼り薬もかぶれて後半はやめてもらいました。
ポキポキ堂®では注射も貼り薬もなく、電気治療もマッサージも異なり、いろいろな方法があるものだなぁ…と思いました。回を追うごとに少しづつ良好な状態が実感でき、遠方(大阪)から通うかいがあるというものです。

(ハナちゃん(大阪府))

※効果には個人差があります

「同じスポーツをされている先生で話が伝えやすい」

全日本選手権3位の田口瑞樹プロの紹介でまずインソールを作ってもらって、実際に使用してみたら売っているものよりも足にフィットしていて、スノーボードの板の圧の伝わり方が変わってより滑りやすくなった。
カラダの状態が悪い時にいろいろなとこらが痛かったけど、一度でとても治ってビックリした。
同じスポーツを実際にしている先生で、話も伝えやすい。

(伊東忠慶(愛知県))

※効果には個人差があります

「ありとあらゆる場所が痛かった」

首・腰・方・膝・足首ありとあらゆる場所が痛く、家の近くでも行っていましたが、カラダが楽になることがなかったのでポキポキ堂®へ来ました。
施術してもらうと体が楽になって軽くなる。
やる前とやった後では別の体になった感じがします。

(伊東圭(愛知県))

※効果には個人差があります

 

 

お試しキャンペーン

 

7月20日までに
\ご予約の方に限り/

バランス整体コース

1回 2,980円
(通常 1回 5,400円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
⇒あと4名

 

tel:077572019324時間受付・予約フォーム完全予約制/堅田駅近く MAP

 

大津市堅田で整体なら「ポキポキ堂®」へ PAGETOP